スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナロ熊のうた

地上デジタルを簡単に説明します。

高画質で番組を見ることができる。
電波の状態によって画像が左右されない。言うならばCDがクリアーな音質を再現できるみたいな感じ。
双方向通信に対応できる。

利権側にとっても数かすのメリットがある。
●ダビングを制限できる信号を潜らせる
●家電業界は消費者にテレビとビデオデッキの買い替えをさせることができる。
●後数々の利権を絡ませることができるらしい

デメリットは
実はデジタルにしたところで意外と意味がない。
高いテレビとブルーレイレコーダーを無条件で買わされる。
地方局にはデジタルの設備にお金がかかるらしく、地方局の倒産の危機に瀕する場合がある。


メリットでもデメリットでもない特徴と小生の主観
数年前まだ小泉政権のころに経済効用策的に考えられ、需要喚起要因の手段として用いられているとも考えられる。がアナログ放送で今のところ事足りている。そして需要喚起のために無駄な資源消費をしないことの方がよっぽど日本人の美徳にかなう。
福井県の様にケーブルテレビが整っているところはさておいても大して整っていないところでは本当に見れなくなる可能性はある。しかしここのところのテレビはつまらない「毎日が芸能人特番」と化しているので見れなくなっても痛くも痒くもない。器が進化しても入れる中身が添加物しか無い様ではそれは「必要である」とは絶対判断されない。むしろIP電話のような進化遂げた方がつまりIPテレビの方が善良的である。
また地上デジタルチューナーがあれば地上デジタルは見ることが出来るが、それだけのものであり、地上デジタルの恩恵を受けたければテレビを買換えブルーレイレコーダーを買えと言うに終始している。日本の歴史始まって以来のやんわりとした脅迫である。

それではちょっとだけそれを踏まえなくてもいいので動画をご覧ください。



後余談だが、過去アコム、武富士、グッドウィル、近年ではパチンコ業界の様にやたらとテレビCMを不必要にかつ執拗に流している業界には絶対触らない方がいい。基本的に生活に必要であれば大したことはないとしてもそうでない場合はケガの元だと肝に銘じること。もしくは自分で調査をしてみルカだ。
スポンサーサイト

テーマ : 初音ミク
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。